2018年12月1日土曜日

御岳 2018年12月1日

電車でソロ御岳。
6時45分に出発、神田経由新宿にてホリ快三号に乗り込む。
隣に座った朝帰りのロック野郎が酒臭いし、横に寄っかかってくるしでマジきちぃ。


目当てはin Tokyoなんで沢井で降りるつもりが途中沢井にはホリ快が止まらないという衝撃の事実に気づく。
仕方なしに御岳駅到着。
駅前では甘酒とサンドイッチの販売所があったが、セブン亡き今こういうのは助かる。
でも多分紅葉シーズンの期間限定。

サンドイッチ購入後はロッキーボルダーに直行。
到着後に早速のホットサンド。うん、美味い。
お腹を満たした後はin Tokyo のトライ開始。

とりあえず核心っぽい中間部(右ガストンから左出しのとこ)からバラす。
ここまじとおくて全然とどかん。
他の人のムーブ見ていたら、右足の位置が違う模様。
一個上に足を上げたらだいぶ距離が出てきた。

しかしながらそれでも止まらない。
身体が壁から離れてしまう。
おそらく動き出す瞬間に腰が抜けてること、右手の引きつけと右足の押し出しが足りないことが原因ぽい。

あーだこーだ考えて、何度も何度もトライを繰り返し、昼寝やシジミ味噌汁を間に入れてるうちにようやく核心部が止まった。

とりあえずここからつなげトライを開始。
想像していたとおり下から繋げると核心がバラしてた時よりもかなり悪く感じる。
何度か核心部まで到達するものの、やはり左手が取れない。

結局、イントーキョーは瞬殺できると浅はかにも期待していた自分に腹をたてながらあえなく敗退。
ほかの課題も登る気にはならず、3時に御嶽を後にし、帰路につく。

久々にメンタルボロボロになった1日だったわ。






2018年11月28日水曜日

恵那 Day2 2018年11月24日

恵那1泊2日の旅、2日目。
7時起床。約7時間睡眠。睡眠サイコー。

起床後は民宿よしだ屋の朝食。
普通の朝食ながら、たったの500円であることを鑑みると割安ね。

2018年11月26日月曜日

恵那 Day1 2018年11月23日

11月の3連休。半年ぶりに恵那へ1泊2日の外岩トリップ。
初日は4時40分発の8時半恵那インター着です。

とりあえず、入山記録を済ませて大岩ゴケエリアへ。
まぁまぁ寒い。気温、5度前後といったところかしらん。
仲間がエルでアップしている中、とりあえずホットサンド食べてからの仮眠。

2018年11月18日日曜日

鳳来 2018年11月17日

今シーズン初、みんな大好き鳳来へ。
4時半発、8時前にはいつもの岩場手前のファミマに到着。
鳳来のファミマは品揃え充実で満足です。

2018年11月16日金曜日

俺の外岩防寒対策

外岩シーズン到来し、岩場も寒くなりつつあるこの頃。
寒いシーズンの外岩では防寒対策を怠るとマジで痛い目見ます。
そこで、とりあえずどんな防寒グッズをもっていくべきか個人的な見解をまとめてみました。

ダウン
とにかく暖かいダウンは必須。私はマムートのダウンを使ってます。
ここは出費をケチらずに出来るだけいいのを買った方がいいです。

ウルトラライトダウン
ダウンの下に着る防寒着としてウルトラライトダウンも必ず持っていきます。
そう、ユニクロのウルトラダウンです。
まぁまぁあったかいし、約6000円ぐらいと安いのでダウン着たまま上っても全然気になりません。
こんな感じのやつ

腹巻
上着とズボンの間を埋めてくれる腹巻もMust Item。
私はモンベルのメリノウールのウェストウォーマーを使用中。
これがないと冬場は生きていけません。

タイツ

アンダーウェアとして保温効果の高いタイツも必須。
以前はユニクロのヒートテックを使っていましたが、昨年、もう少し高額のを買ってみようとNorth Faceのホットトラウザーにグレードアップしました。
ぶっちゃけNorthのが良いかと言われると「???」という感じですが、少なくとも股上が長くお腹までカバーできる点は間違いなくお勧めできます。

スノウブーツ
寒い岩場では足先もかなり冷えます。
てことで、あったかい靴下に加えてスノウブーツがあると大分安心。
自分は現在、North Faceのヌプシブーティーを履いています。
ちなみに川を渡ることが多い岩場(鳳来とか)に行く場合にも備えて防水加工ものを用意しておいた方が無難。

シマホイ
上記だけでは物足りないという方にはこれしかありません。
最終兵器、しまむらほいほい
シマホいについて知りたい方はまずはこちらのNaverまとめをどうぞ。
通常用途ではペットの犬用に使われているようですが、人間様にも効果は絶大です。
とにかくあったかいのでまじでお勧めなのですが、難点としては岩場の枯れ草や土がくっついてしまうこと。
洗濯してもなかなか落ちないのが玉にキズなんですね。


とまぁこんな感じでまとめてみましたが、とりあえず上記のものが揃えば大抵は大丈夫なんじゃないかと思いますんで悩まれている方は是非参考にしてください。

2018年11月14日水曜日

塩原 2018年11月12日

土曜日に御岳行ってから間もなく有給取得して塩原へ。
朝5時半発、8時過ぎに塩原到着。

気温は少々肌寒く、恒例の仮眠時にはダウンジャケットを羽織りたくなったぐらい寒さ。
だいぶ冬が近づいてきている感ありです。

30分ほど寝てからいつものごとく後悔をアップでお触り。
1か月前に来た時よりもフリクションが断然、ビンビンよくなっているw

たかだか1トライで指の血流もかなり良くなったので、この日も破壊王ニコルを触るのであります。
ニコルを触るのは3日目。
前回までは全く可能性を感じなかったんだけど、この日は………全く可能性を感じない!!

ただ、ようやく自分に足りないところが分かった気がしてきました。

一つは初手のサイドガバカチを取った後のロック力。
いまだによく分かってはいないけれども、たぶん尺骨優位で固めるのではなく橈骨優位で固めていくべきなのではないかというのが、今のところの仮説。
自分は確実に尺骨系クレイマーなので、次回やる時までには橈骨優位の形をマスターして臨みたい。

もう一つは左手2本指ポッケの保持力。
核心とった後に次のカチを確実にとれるようとりあえずビーストメーカーなんかで保持力を挙げておきたい。

ということでニコルについてはこの日も敗退し、仲間がコプリスをやるというのでそちらにジョイン。

コプリスは半年前ぐらいにトライして、こちらも全く可能性を感じなかった課題。
尺骨系クライマーにとっては、コンプレッションができないので苦手意識しかないわけで。

ということで、どうせできないだろう精神で取り付いてみると………なんとなんと、コツがつかめてきて全ムーブばらすことに成功。

これはワンちゃんあるかもと思い、レストをはさみながらつなげトライ。
してみたものの、二手目の左手アンダーカチ寄せが全くハマらず。
結局、敗退。

しかし、今までできないと思っていた課題に光明が差したので「塩原来た甲斐があったなぁ」って、気分になれました。

そうこうしているうちに暗くなったので退散。
帰りは中華料理屋でかつラーメンを食す。
ネタのつもりで食べたら案外うまくてマジでビビったww

今まで塩原にはネガティブなイメージしか持ってなかったものの、この日でその印象を取っ払えたのが最大の収穫。
あと、平日塩原は人もまばらで静かに登れてマジでいい場所だったですね。

塩原をようやく好きになりつつあるかもしれない、2018年秋でした。


2018年11月11日日曜日

御岳 2018年11月10日

そろそろ鳳来シーズンインじゃね?
ってことで鳳来行きを決めていた11月10日。
テンションあげあげだったけどね・・・

前日の雨で鳳来行きを断念。
とりあえず御岳に行くことになったんですね。