2017年8月21日月曜日

ZERO 埼玉 【埼玉県蓮田】

私も齢32歳にして、とうとうオジサンになりました。
姪ができたのです。
てことで私の故郷、彩の国さいたまは、上尾市にいる生後5か月の姪に会いにいった帰りにお久しぶりにZERO埼玉店に伺いました。


およそ一年ぶりの訪問でしょうか。
ゼロ埼玉店をその少し前に訪れた記録はこちら。
http://boulderingusagym.blogspot.jp/2015/08/zero.html

基本的に二年前から壁の構成は変わっておりません。
全体像はこんな感じ。




と思いきや、よく見てみると右奥にロープクライミング用の壁ができておりました。
これです。

本格的にリードやるための壁ではないですね。
でもクリップの練習やらビレイの練習とかできそうだから結構あると便利そう。
羨ましくなってくる。


メインのボルダ―の構成は、変わらず、3D、145度、130度、バルジ、緩傾斜という構成。
昔行ったときは、壁の迫力をそこまで感じなかったんですが、今回は威圧感すら覚えました。かっこいい壁です。特に145度。

145度の課題を動画取っといたので乗せときます。



バシバシ系、オラオラ系の課題多数です。
あと「兎にも角にも保持しろや!」と言わんばかりの課題達。
こういうジムって最近少なくなってきてるような気がするけど、すごい良かったです。
良い意味でトラディッショナルというか、オールドスクールというか、そういうクライミングを楽しめます。

イマドキのホールドとかマンスリーとかそういうのは全然ないので、はやりものが好きな人にはお勧めしませんけど、やっぱり自分としては、ホームジムはこういう渋いジムがいいなと思っちゃうわけですね。

それと店長のロッキーさん。めっちゃかっこいいです。
登りがやばい。綺麗で強い。こんなクライマーになりたい。
憧れですね。

課題は辛くて、全然登れなかったけどすっげー楽しめました。
蓮田はやっぱし最高。

8Grade 【新潟市】

東京を離れ、2泊3日の旅。
風景さえ美味しいうるおいの新潟へ。

湯沢高原に月岡温泉、新潟市内といろいろ回りました。
連日曇り模様で、全体的に大変ドンよりしていました。
湿度Maxで大変潤っていました。

鳥屋野潟沿いから眺めるビッグスワン
そんな新潟旅行の最終日にお邪魔したのは、新潟西区にある8Grade。

新潟駅から車で約20分ほど。
住宅街に立つこじんまりとしたジムです。

インスタなんかで事前に写真とか拝見してましたが、予想よりもこじんまりしています。
ジムのほぼ全体像はこちら。



写真で見ると広げだけど入ってみると壁も近くにあるので、圧迫感があり迫力もその分感じます。

壁は、まず上の写真には一部写ってないスラブ壁と垂壁。





お次はバルジ。
こちらがまぁまぁ迫力あって面白かったです。



最後に130度という構成。
こちらの壁は動画でどうぞ。




とまぁ、壁はいろんな種類がありますが、高さが今一つ物足りない。
それとテープ課題の数が少なかったのが残念。
コンペ後とのことで復旧が追い付いていないのが原因とのことで致し方ないです。
130度壁のファイル課題が量産されている模様から、セッションがメインなジムと勝手ながら推測します。

私が伺った日は、お日柄のせいか常連さんが全然来てくれず、ほぼ貸し切り状態。
それでもオーナーの人柄が非常によく、色々教えてくれて大変楽しめました。
アットホームで親近感が湧く。そんなジムです。

帰り際、オーナーからおすすめの定食屋の情報も仕入れることができて大満足。
新潟旅行がいい感じで締まりましたとさ。

2017年8月15日火曜日

Edge & Sofa 諏訪店


めちゃくちゃ久しぶりの投稿。

夏休みは恵那へ!
「暑くても取りあえず遊びに行く」をコンセプトに1泊2日で行って参りました。


…が、この暑さでまったく登る気もせず、岩も前日の雨でびしょ濡れ。
初日こそは登れそうな岩を探索して、適当に遊んでいたけども、2日目は湿度高く雨も降りそうだったので、朝飯を買いに行ったファミマで早々に撤退を決意。

※ちなみに恵那はICを降りたとこすぐのサークルKよりも、少し先に行ったファミマの方が諸々クオリティが高い


てことで撤退後は、東京に帰る途中、諏訪に寄り道することに。
諏訪といったらEdge & Sofaでしょ、ということでお初訪問。

店に着いたのが13時半頃。
既に店舗前の駐車場は満車だったので、隣にあったファミマに止めてやろうかと思ったけど、それは「エッジ、鬼の十則」により禁止されているのでやめましょう。
受付で第二駐車場のMapをGetし、そちらに駐車。店からも大して離れていません。

入り口。しゃれてます。しゃれおつです。


物販もそこそこの充実ぶり。


肝心の中身。

入ってすぐのマンスリーウォールその1。
緩傾斜です。手前は最大傾斜100~110度ぐらいの曲面。
奥はスラブ、垂壁です。
曲線がとにかく綺麗。高さもかなりあって、満点スリルでございます。




こちらは130度位あるまぶし壁。
こっちもかっこいいです。まぶしも申し分なし。
テープ課題数もかなりあるし、ファイル課題もさぞかしたくさん作られていることでしょう。素晴らしい。




この他にマンスリーウォールがもう一つあり。バルジです。
この壁のマンスリーが一番面白かった。
品ロキで現在流行ってるバブル課題もありました。






全体的にほんと良かった。
壁、課題、雰囲気、清潔さ。何をとってもトップレベル。
小川山、瑞牆、恵那から悪天候で敗退してきた人達の避難先になるのがよくわかります。
ホームジムにしている人たちが羨ましい。

唯一の難点はまぶし壁のテープが鬼のように見づらいこと。
課題オブザベするのに鬼のように時間かかります。
どうせオブザベしても、ホールド見落とします。
オブザベ力が鬼のように身につくかもしれません。
それはそれでいいのかもね、逆に。



最後に感銘を受けたのが、「ジム内の掟」


こういうルールをちゃんと示しておくのって重要ですね。



帰り際は、駅近くの蕎麦屋によって天ぷらそばをかっくらう。
やっぱ長野の蕎麦はうまかった。

結論として諏訪はマジで最強だと思う。
外岩に近いってのが一番の理由だけど、それに加えてこんないいジムがあるなんて。
マジで諏訪に転勤したい。

2016年6月4日土曜日

ボルダリングのウォーミングアップについて

たまたま見つけたクライミングのウォーミングアップの記事。
Climbing Magazineの2015年9月号に掲載されてたものらしいです。

http://www.climbing.com/skills/training-how-to-warm-up-for-rock-climbing/

英語だったので勉強がてら自分の備忘録とともに要約をまとめてみました。

ちなみにウォーミングアップのことだけ書かれているわけではありませんが、私が昔から参考にしていたmickipediaさんの記事もすごい良いのでご一緒にどうぞ。
「僕のクライミング自己規範」 http://mickipedia.blog113.fc2.com/blog-entry-83.html

瑞牆 2016/5/29

なんつーか最近はジムに色気を感じなくなりつつあり、もっぱら外岩が頭から離れません。
先週土曜日は瑞牆へ。

瑞牆はこれで人生二回目。
初めて旧エリアへやってまいりました。

筑波ロッキー

 店名 筑波ロッキー
 場所 荒川沖駅 徒歩15分 
 壁  ★★★★
 課題 ★★★★
 雰囲気 ★★★★
店舗HP  http://www.rockyclimbing.com/tsukuba-ami/
 一言 安定のロッキークオリティ

4月22日にオープンしたてのロッキー系列最新店舗にだいぶ前にお邪魔してきました。
品川から常磐線直通の電車に揺られること1時間20分ぐらい。
着いたのは荒川沖駅。

駅前ガランガランで田舎です。
駅から続く道をひたすら直進すること約15分。ピアシティ荒川本郷というショッピングモールに5店舗目のロッキーのお出ましです。

ピアシティ内にはスーパーや薬局があってものすごく便利。
そういう意味ではいいロケーションです。

壁は品ロキ、船ロキとはだいぶテイストが違う多面壁ばかり。
結構岩っぽくってかっこいいです。
高さがもう少しあると最高という感じなんですけどね。

課題も安定のロッキークオリティ。
やってて楽しいですね。
一番印象に残ってるのは小沢信太さんの課題かな。
ひと月以上前に行ったんだけどまだ印象に残ってる。

何が印象に残ってるかって、同グレードの中でもひと際辛いってとこでしょうか。
特に覚えているのが紫(3級)課題の信太さん課題。
他の紫に比べたら全然ムズイ。
ただ登ってみたら3級ぐらいかなって感じなんですねぇ。
不思議。。。
ホールド感も抜群に面白いしいい課題でした。

ジムスタッフも気さくで雰囲気もよかったですね。
つくばに住んだらロッキー行くね。

2016年5月22日日曜日

御岳 2016/5/22

5月21日は御岳のロッキーボルダーに初訪問。
朝8時前につき、夕方5時まで終日、この岩に滞在。
移動しないって楽ですね。

この日は空いていたらしく、自分たちのメンバー4人とあと2、3人の方々でのセッションでものすごく快適でした。
御岳ってどうしても忍者岩のあの混雑っぷりが秋パンを思い起こさせ、苦手意識があったんですが、この日のロッキーボルダーは最高。(注:別に秋パンが嫌いなわけじゃないので悪しからず)

気温はだいぶ暑いものの、ロッキーボルダーはあんまし日も当たんないんでいいですねー。

課題はエゴイストをまずトライ。
行ってみて初めて知ったんですが。エゴイストのラインはざっくりムーブのパターンが2つあって、一つは左手のガバカチと右手のサイドアンダーっぽいものから、右手でスローパーを一気にとるパターン。同行者からはこれが初登者のムーブだとレクチャーを受ける。

もう一つのパターンがスローパーのちょい右下にあるカチを中継してスローパーにつなげるパターン。どうもこの中継カチはここ数年で出没したものらしく、初登時には存在しなかったとか、なんとか。チッピングされたんだろうとも聞きました。このムーブだとグレードが下がり1級になるのではと言っている人もいるらしいですね。

初登時のムーブを追求するべきかと最初は思い、一気にスローパー取りを狙ってトライしてたけど、中々止まらず飽きてきたので結局カチの誘惑に負けました。

結果、完登。
カチがあれば確かに1級というと言われてもおかしくはないかなという感じ。でも忍者返しやらデッドエンドなんかに比べたら全然難しいわけなんでグレーディングとしては1級/初段ってとこなんですかね。

エゴイスト後は「遥 2段」をお触り。
この課題で人生初めてインサイドフラッギングを使いました。
これほどまでインサイドフラッギングがフィットする課題があるなんて!!
と、大変感動したわけであります。

グラウンドアップでムーブを固めながら、4時頃にようやく下部を自動化させることができ、核心部のサイドカチをとるにまで至りました。
しかし、いかんせんこの核心から体を上げることができない。
結局、ヨレてしまいあと一歩のところで敗退となりました。

しかし、1 Dayでいいところまでこれたなという感じですね。
次回来た時は遥と遥エゴイストの両方を落として行きたいとこですねー。